米国株投資との出会い

スポンサーリンク
スポンサーリンク

株式投資との出会い

私は2008年のリーマンショク時に初めて株を始めました。

そのときは、社会人になって数年間で貯めた貯金から50万円ほど投資しました。当時の記憶では、トヨタ、日産自動車、マクドナルドを購入しました。マクドナルドでは、株主優待も貰ってこれが株主なのかと漠然と思いました。

ただ、株式運用の本を読んだりは一切せずに、不況不況と連日ニュースを見て今買っとけばいつかプラスになるだろうと素人的な考えをしてました。

ただ、同時期にFXが流行り始め「なんか面白そうじゃん」と軽い気持ちでFXへ。このとき、株式は全部売却していました。当時の株価はトヨタは3000円、日産は400円、マクドナルドは2000円くらいでした。今も持ち続けていたら・・・・

さて、FXをはじめたのですがこれが悪い循環の始まりでした。

とにかく、FXの値動きが気になって気になって仕事中も頭から離れなかった記憶があります。また、マイナスが膨らむと損失を埋めようとまた資金を投入し溶かすという愚かな行為を連日続けていました。

幸い、結婚と転職が重なりきれいさっぱりFXから足を洗うことができました。世の中には、FXで稼いでいる方がたくさんいるので、FXが悪いとは思いませんが自分にはメンタル的にも合っていませんでした。

スポンサーリンク

株式投資との再開

結婚をして、幸いにも子供にも恵まれ育児にも忙しい時期でありましたが、将来に漠然と不安を感じたことからサラリーマンとしての収入だけでは今後が不安に思い始め、投資にチャンレンジすることに。

独身時代からの隠し財産とDINKS時代の個人財産がありましたので、日本株に再び再開。最初は、現物株のみで運用しており、NISAも始まったこともあり一時は、100万円のプラスにまで順調に稼げました。

ところが、また悪い癖が出てしまい信用取引デビューをしてしました。

信用取引も、FXと同じでギャンブル性がたかくなるのでメンタルとともに財産もやられました。

スポンサーリンク

米国株投資との出会い

身も心もボロボロになり、仕事でもフレッシュな20代からマンネリし始めた30代に突入して、アーリーリタイアしたいと思うようになりました。しかし、お金がないと子供の教育資金も必要ですし、老後の生活費も必要なので簡単にアーリーリタイアは出来ません。

そんなとき、ふとバフェット太郎の秘密のポートフォリオというサイトに辿り着きました。

バフェッと太郎さんは、最初日本株をされていたみたいです。3000万ほどの資産を日本株で築き、日本の株式会社の株主還元に嫌気が差し、財務諸表などからも米国株式企業が投資に最適だと言われていました。

優良な米国株式企業は、株主に対して連続増配すなわち毎年受け取る配当金が増えていくように株主還元がされています。そして、優良な10の企業を選び選んだポートフォリオに対して、毎月の追加投資と配当の再投資という資産運用をされています。

この投資方法は、そっこーでお金持ちには成れませんが、時間をかけながら資産をコツコツ増やしていけます。2017年から米国株に投資を始めました。バフェット太郎さんとまったく同じやり方ではなく、高配当株を中心に資産運用を始めました。

 

スポンサーリンク

鯉太郎の米国株配当再投資戦略

鯉太郎が行っている、資産運用は高配当株を中心に高配当な配当金と日々の節約で捻出した資金を元手に資産の最大化を目指しています。現在のポートフォリオは次回の記事で公開していきたいと思います。

2019年でおよそ2年間の米国株投資を続けてきました。累積の配当金も着実に増え続けています。運用資産が著名なブロガーの方々より小さいので大したことはないと思われるかもしれませんが、貯蓄0の方やこれから資産運用を始めようとするかた、社会人になったばっかりの方などが参考になるよなブログを書いていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
鯉太郎をフォローする
鯉太郎の滝登り
タイトルとURLをコピーしました