KHC クラフト・ハインツ 銘柄分析【2019.5】

米国株投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

KHC クラフト・ハインツ

 

KHCクラフト・ハインツは、ケチャップで知られる米食品大手ハインツと、米食品大手クラフトフーズ・グループのメンバーが2015年に合併して誕生しました。

 

合併当時、両社を合わせた売上高は280億ドル(約3兆3500億円)で食品・飲料メーカーとして世界5位、北米3位の巨大会社の誕生でした。

 

ハインツを「投資の神様」とも呼ばれる米著名投資家バフェットが13年に買収していたため、バフェット銘柄とされています。

 

2019年2月21日に発表した2018年第4四半期決算では、「Kraft」や「Oscar Mayer」などのブランドに関して154億ドルに及ぶのれん代の減損処理を行い純損失が102億ドルとなったことを発表しました。

 

のれん代:企業が買収で支払った金額と、買収先の純資産の差額。買収では、ブランド力や技術力など目にみえないものも考慮して、純資産を上回る値段で買うことがある。

 

また、会計方法についてアメリカの証券取引委員会から召喚状を受け取っていたこと、また配当金を36%もの大幅減配することを発表し、株価は30%近く下落しました。

 

スポンサーリンク

KHC クラフト・ハインツ 地域別売上高

KHC クラフト・ハインツは主に4つの地域に分類して事業報告を行っています。
米国、カナダ、ヨーロッパ、その他の国に分類されています。
その他の地域は、ラテンアメリカと、アジア太平洋、中東、およびアフリカ(「AMEA」)の2つの地域で構成されています。
北米での売上が70%とKHCの地盤になっています。
その他、カナダ8%、欧州9%となっています。
食料品は生活に密着してますので、聞いたことがない企業より国内のメーカーを消費者は選択する国内志向が強いと思います。
スポンサーリンク

KHC クラフト・ハインツの売上高

業績の不振が騒がれているKHCクラフト・ハインツですが、売上を見ると2015年の合併後も横ばい傾向です。

 

プライべートブランドの脅威、ミレミアム世代の嗜好の変化で業績が不振と言われていますが、売自体が大きく浸食されている様子はありません。

 

個人的には、嗜好が変化したと言っても加工食品の需要が消滅することはないと思います。

 

ただ、目覚ましい成長は困難だと思うので、短期的な株価上昇は見込めないと思います。

 

スポンサーリンク

KHC クラフト・ハインツのキャッシュフロー

お世辞にも順調な経営とは言えません。

 

2017年は年金への拠出により大幅に低下していますが、一時的な影響と言えます。

 

2016年のようなキャッシュフローが確認できれば安心できますが、2018年のデータが見当たらなかったので、注視したいと思います。

 

スポンサーリンク

KHC クラフト・ハインツのEPS、DPSと配当性向

過去の企業買収で生じたのれん代の減損費用73億ドルを損失として計上したため、2018年第4四半期の最終損益は126億ドルの赤字となっています。

 

巨額の減損処理を行ったため2018年のEPSは大幅なマイナスとなっています。

 

2019年の四半期決算がどのように推移してるか株主としてはしっかり確認していきたいです。

 

スポンサーリンク

KHC クラフト・ハインツの配当金

KHC クラフト・ハインツの配当利回り情報

KHC クラフト・ハインツの2015年からの配当金、自社株買いなどの配当利回り情報です。

 

 2015201620172018Average
EPS
-0.342.818.95-8.39
DPS1.702.352.452.50
配当利回り2.342.693.155.813.50
自社株買い利回り
総利回り2.342.693.155.813.50

 

2015年からの平均配当利回りは2.25%となっています。

 

2015年の合併後は自社株買いは行われていません。

2019年3月支払いのKHCクラフト・ハインツは四半期配当が0.625$から0.4$への減配がアナウンスされています。

 

KHC クラフト・ハインツの配当金履歴

2018年9月よりKHC クラフト・ハインツから配当金を貰っています。

 

2019年5月時点配当金
2019年6月
27.07
2019年3月27.00
2018年12月30.11
2018年9月30.11
累計配当金
114.29
投資額5846.80
投資額に対する回収率
1.95%

 

累積の配当金は、87.22ドルです。

 

投資金額は、5846.80ドルですので現在までに1.49%回収出来ています。

 

つぶやき

 

KHCクラフト・ハインツを保有していて大幅な評価損となっています。

 

損出しはまだ考えていません。

 

2019年の営業キャッシュフローが回復してくるか、しっかり注視していきたいです。

 

粉飾決算の疑惑があったり、巨額減損で株価が大幅なマイナスです。

 

今の株価が適正かどうか別にして、加工食品が消滅するとは思いませんし

 

嗜好の変化でケチャップが無くなるとも思えません。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました