IBM復活のカギはハイブリッドクラウド!

米国株投資
スポンサーリンク
スポンサーリンク

IBM復活のカギはハイブリッドクラウド

 

IBMは昨年「RedHat」の買収を発表したとき、「ハイブリッドクラウド・プロバイダー」になると宣言しました。

 

そして2019年2月12日に米国サンフランシスコ モスコーン・コンベンションセンターでIBMの年次カンファレンス「IBM Think 2019」でも、IBMのロメッティCEOは

 

 

「既存の基幹系システムで動いているようなアプリケーションは、このクラウドの第二章の中でクラウド化していくことになる。

 

基幹系システムは、その会社の業務内容と直接関わるシステムです。 生産、販売、在庫管理システム、人事給与システム、財務会計システムなどを指す。

 

それらはミッションクリティカルなアプリケーションであり、結果的には全てをパブリッククラウドに移行するのではなく多くの企業はハイブリッドクラウドの形で運用するようになる」と発言しています。

 

ミッションクリティカルとは、「(生死を分けるほど)重大な」といった意味で、サービスの遂行に必要不可欠であり、障害や誤作動などで止まることが許されない交通機関や金融、通信などのコンピューターシステムを形容する際に使う言葉。

 

実際、欧州などでは多くの銀行がIBMのプライベートクラウドをミッションクリティカルなシステムのために使うようになっているという。

 

 

さらに、「そういったアプリケーションの40%はプライベートクラウドに置き、残り60%はパブリッククラウドに置くことになるでしょう。つまり第二章のクラウドは、ハイブリッドクラウドでありその上でマルチクラウドになるのです」とも発言しています。

スポンサーリンク

ハイブリッドクラウドとは?

 

ハイブリッドクラウドとは、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせて使うクラウドの事です。

 

プライベートクラウドとは?

 

プライベートクラウドとは自社専用のクラウド環境で、運用にあわせてカスタマイズできるのが主な特長です。

 

プライベートクラウドは構築の仕方の違いによって、自社内で構築されるオンプレミス型プライベートクラウドと、パブリッククラウド内を区切ってお客様専用のクラウド環境を構築・提供するサービスホスティング型プライベートクラウドに分類されます。

 

パブリッククラウドとは?

 

ホスティング業者が提供するクラウド環境を、不特定多数のユーザーがインターネットを通じ共有して利用するサービスを指します。

 

簡単な手続きですぐに使えることに加えて、使った分しかコストがかからないため安価に利用できるのがメリットです。

 

インターネットからアクセスできるサーバーを利用することになるため、セキュリティへの対応が万全ではないため機密情報や個人情報の管理に向かない面があります。

 

プライベートクラウドとパブリッククラウドの比較

 

プライベートクラウドとパブリッククラウドの比較表になります。

引用サイト:カゴヤのサーバー研究室

ハイブリッドクラウドのメリット

 

セキュリティ性・カスタマイズ性の高いプライベートクラウドと、導入スピードが早く費用や運用負荷が少なくてすむパブリッククラウドを、適材適所に組み合わせて使うことができます。

 

プライベートクラウド・パブリッククラウドそれぞれの弱点を補いあって、片方ずつだけでは実現できないことを可能にするのがハイブリッドクラウドのメリットです。

 

プライベートクラウドだけを使うより、費用や運用の負荷を減らすことができる上に、スピーディーにシステムを拡張することができます。

スポンサーリンク

IBMはなぜハイブリッドクラウドを目指すのか?

 

IBMが目指しているハイブリットクラウドは、オンプレミス型プライベートクラウドとパブリッククラウドのハイブリッドになります。

 

クラウドが登場した当時は、クラウドにするかオンプレミスにするかといった極端な二者択一の発想が台頭した時期がありました。

 

IBMの収益基盤であるメインフレームがあるオンプレミスがクラウドによって圧迫されてきました。

 

IBMもクラウド事業で巻き返しを図っていますが、AmazonのAWS、MicrosoftのAzureという強敵に勝負を挑みながら、自社の収益基盤も危機にさらされました。

 

IBMとしては、できればクラウド事業が普及せずにオンプレミスのマーケットを残したかったのだと思います。(クラウド事業への積極的な投資を遅らせたかもしれません)

 

そこでIBMは自社が優位に立っている基幹系などのミッションクリティカルシステムは現状のまま使ってもらいながら、他社が強いクラウドなどの分野では無理に戦わずに、「ハイブリッドクラウド」として運用する方針に舵を切りました。

 

スポンサーリンク

ハイブリッドクラウドとIBMの戦略

 

IBMは、ハイブリッドクラウドでメインフレーム収益の圧迫を避けながら、クラウド事業でも存在感を示せる形に持っていこうとしています。

 

AWS、Microsoft、Google、Oracleもハイブリッドクラウドに参入

 

Amazon、Googleにはオンプレミスでの基盤がないためプライベートクラウドには入り込めず、オンプレミスにシステムを持つIBMやMicrosoftなどが有利とされてきました。

 

しかしAmazon、Microsoft、Google、Oracleなどはパブリッククラウドのプラットフォームをそのままオンプレミスに設置できるようハードウェアと組み合わせるなどして、自社技術でハイブリッドクラウドを構築できるようにする動きに出ました。

 

AWS、Microsoft、Google、Oracleなどが、相次いでハイブリッド環境を発表し、さらに外部のクラウドとも連携できるマルチクラウドを推進しています。

 

IBMのハイブリッドクラウド戦略

 

IBMが顧客として数多く抱える大手企業や公共機関などでは、単独のクラウドだけを利用するといった状況はまずありえません。

オンプレミスを含む複数のクラウドやサービスを組み合わせて利用しつつ、大規模なビジネスを支えるミッションクリティカルなシステムを維持していく必要があります。

 

そこでIBMは2018年に下記のような製品の発表を行っています。

 

「IBM Multicloud Manager」は、IBM CloudはもちろんAWS、Azure、Google Cloudなどのパブリッククラウドやプライベートクラウドを一元管理できます。

「IBM Cloud Integration Platform」は、複数のクラウドを単一のプラットフォームとして統合し、統一したセキュリティの確保、アプリケーションのデプロイなどを可能にします。

 

つまりIBMを中心にすれば他社のクラウドを相互接続して「いいとこ取り」ができますよ、というソリューションです。

 

自社プラットフォームを中心にしてまわりをオープンに取り込んで行こくことで、プラットフォームとしての位置づけを守るという姿勢はMicrosoftに見てとれます。

 

Microsoftはいち早くハイブリッドモデルへの転換を果たして業績を伸ばしています。

 

IBMがMicrosoftのように事業のモデルチェンジをうまく果たし再び輝けるのか注目です。

 

 

 

 

米国株投資
スポンサーリンク
鯉太郎をフォローする
鯉太郎の滝登り

コメント

タイトルとURLをコピーしました