配当再投資戦略 合併交渉が終了したフィリップモリスを買い増し!

スポンサーリンク

鯉太郎です。

米国株からの配当金で潤っている今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

9月はRDSB、XOMなど高配当株から600ドル近い配当金が入金されています。600ドルって日本円にすると約6万5000円になります。我が家の3人の子供手当よりも多いですし、先月の残業代より多いです。

この配当金をそのまま家計に入れると一瞬は家計のやりくりが楽になりますが、そこをぐっと我慢して再投資に回します。

あー、iMac欲しいな。

9月の配当金

今月は、RDSB、XOM、JNJ、MMM、KHC、IBMから600ドルの配当金を貰いました。

超高配当であるRDSBからは通算で10回目の入金になりました。投資した頃は、減配する可能性も考慮されるほど原油安だったので3年も続いて感謝です。

 

9月の配当再投資戦略

600ドルの配当金で各銘柄を買い増ししました。

①PM フィリップモリスを2株追加購入

含み損状態なので、ポートフォリオに占める割合も低いので購入。9月25日にPMとMOの合併交渉が終了したと報道されました。プレマーケットでPMとMOが爆上げしてます。今後このタバコ銘柄がどのように推移するか分かりませんが、永遠の配当金をもたらしてくれるのを願うだけです。(キャッシュフローもチェックしてね)

 

②BTI ブリティッシュ・タバコ・アメリカを6株購入

先月のBTIからの配当金と今月のRDSBの配当金で買い増ししました。

ポートフォリオに占める割合が3位になっています。

 

③KHC クラフトハインツを2株購入

いま一番不人気な銘柄ですよね。キャッシュフローも良くなくて見捨てられた銘柄です。

ポートフォリオでも大幅な含み損ですが、ケチャップは無くならないし、加工食品の不振もいつまでも続くことはないと思うので買い増しです。90ドル台を付けていましたが、やはり高すぎたんですかね。今の株価が実力を反映した価格なのでしょうか。

④MMM スリーエムを7株購入

XLPというETFを処分して売却代金を全額MMMに振り向けました。手数料の関係からNISA口座XLPを購入していたのですが、米国株の手数料の値下げで少額から購入できるようになったので、今後XLPを購入することが無くなったので売却しました。

売却手数料分は損してますので、MMMの今後の株価に期待してます。

配当再投資後の予想年間配当金

配当金からの再投資を終えて、新たなポートフォリオの予想年間配当金は、6367ドルになります。

月平均にすると500ドルですから、老後の年金不足が解消しました。

とはならないですね。

30代の鯉太郎が貰うころは75歳、今より5割減くらいでしょうか。

これって、75歳まで働かないといけない、寝たきりの状態で寿命まで極貧生活を送らないということを暗示しています。

そんなクソみたいな生活はいやなので全額配当金で生活できるようにこれからも配当再投資を続けていきます。

 

 

 

米国株投資 資産運用 配当金
スポンサーリンク
鯉太郎をフォローする
鯉太郎の資産1憶円への道 【米国連続増配株・配当再投資戦略】

コメント

タイトルとURLをコピーしました