CSCO シスコシステムズ 銘柄分析【2019.4】

米国株投資
スポンサーリンク
  • CSCO シスコシステムズは世界最大のPCネットワーク機器開発会社

シスコシステムズ(Cisco Systems)は世界最大のPCネットワーク機器開発会社です。

 

通信業者や一般企業に向けてルータやスイッチ、ワイヤレスLAN、Web会議アプリケーション、テレプレゼンス(ビデオ会議端末)、音声システム(IP電話)等を製造・提供しています。

 

現在、5GやIoT時代を迎えデータトラフィックは今後もどんどん増えて2021年には49EBになると予想がされています。

 

情報量の単位 キロ<メガ<ギガ<テラ<ペタ<エクサ<ゼタ<ヨタ

ネットワーク市場で世界的なシェアを獲得しており、市場も大きな成長を見込まれていますので企業としての成長も期待されています。

スポンサーリンク

CSCO シスコシステムズの売上(地域・セグメント)

2018年のシスコシステムズの地域別売上は米国が59%と過半数を占めています。
続いて欧州・中東・アフリカ25%、アジア太平洋・日本・中国が16%となっています。
インフラプラットフォーム部門が57%と売上の過半数を占めています。
ネットワーク関連機器事業で高い世界シェアを誇っています。
ネットワークは高い信頼性と実績が求められるので、導入企業が頻繁に取引メーカーを代えることがありません。
それが高い参入障壁になっています。
しかし、近年は拡張性やコスト面で優れているアリスタ・ネットワークス(ANET)を筆頭に徐々にシェアを奪われております。
その危機感からなのか近年ハードウェア企業からサブスクリプション型ソフトウェア企業への転換を図っています。
サブスクリプション型への事業構造の転換が上手く進んでいるため、株価に反映され右肩上がりに上昇しています。
その他事業ではサービスが26%、アプリケーションが10%、セキュリティーが5%となっています。
スポンサーリンク

CSCO シスコシステムズの売上高

2013年あたりまで右肩上がりで売り上げが成長していましたが、それ以降は横ばいでの推移になっています。

 

事業拡大よりも安定的な成熟企業になってきたと思われます。

スポンサーリンク

CSCO シスコシステムズのキャッシュフロー

長期保有にふさわしい美しいキャッシュフローです。フリーキャッシュフローが潤沢なため配当や自社株買いに積極的に行える財務諸表です。

 

営業キャッシュフロー・マージンも平均26.3%の非常に高い値で推移しています。

スポンサーリンク

CSCO シスコシステムズのEPS、DPSと配当性向

2018年は、未払税金(taxes payable)に約82億ドル(日本円で約9000億円)を計上しています。

 

未払税金(taxes payable)とは、連邦政府(federal government)あるいは州・地方政府(state and local governments)に対して支払うべき税金のうち、未払いになっている金額を指します。

 

その影響でEPSが異常値になっているだけで、キャッシュフローからも事業に問題があったわけではないので心配する必要はありません。

 

2011年4月に1株0.06ドルから始まった配当金は2019年4月で0.35ドルと約6倍に急成長しています。

2018年の一時的な要因によるEPSの押し下げを除いた配当性向を上図に掲載しています。

 

配当性向は、配当金の急成長により60%まで上昇してきています。

 

2018年は前年の4倍にあたる約183億ドル(日本円で約2兆円)の自社株買いを行っており、株価上昇につながっています。

スポンサーリンク

CSCO シスコシステムズの配当金

CSCO シスコシステムズの配当利回り情報

CSCO シスコシステムズの2009年からの配当金、自社株買いなどの配当利回り情報です。

 

 2009201020112012201320142015201620172018Average
EPS
1.051.331.171.491.861.491.752.111.900.02
DPS--0.120.280.620.720.800.941.101.24
配当利回り--1.002.242.902.663.023.282.952.952.63
自社株買い利回り2.335.064.541.901.035.112.132.292.2610.783.74
総利回り2.335.065.544.143.937.775.155.575.2113.735.84

 

過去10年間の平均利回りは2.63%なので高配当株とは言えませんが、米国株の平均利回りより少し高いくらいでしょうか。

 

潤沢なキャッシュフローで自社株買いも盛んで過去10年間の平均的な自社株買いによる利回りは3.7%となっています。

 

特に2018年は、10%を超える巨額よ自社株買いを行なっております。

 

配当と自社株買いを含めた総利回りは5.84%と高配当株に負けない利回りです。

 

CSCOの安定したキャッシュフローが長期的に株主に還元される超優良銘柄と言えます。

CSCO シスコシステムズの配当金履歴

2019年1月よりCSCO シスコシステムズから配当金を貰っています。

 

2019年4月時点配当金
2019年3月10.08
2018年12月2.67
累計配当金
12.75
投資額1658.88
投資額に対する回収率
0.77%

 

累積の配当金は、12.75ドルです。

 

投資金額は、1658.88ドルですので現在までに0.77%回収出来ています。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました