2019年2月 配当金収入 配当再投資戦略25ヶ月目

米国株投資
スポンサーリンク

鯉太郎です。

3月になり気温も上昇してきましたが、NYダウも年始の下げから上昇しております。

2017年から米国株を始めて、2年目が終わりました。2018年は前年のような適温相場ではなく素人には難しい相場でした。2019年もリセッション間近とささやかれ始めたので、米国株投資家になってはじめての暴落を経験すると思います。

ただ、配当再投資戦略を行っているので暴落がきても来なくても、淡々と株数を積み上げて貰える配当金を大きくしていきたいと思います。

 

米国企業の配当金は、四半期ごとに行われます。変則的な銘柄もありますが、基本的には、①1,4,7,10月

②2,5,8,11月

③3、6,9,12月

のいずれかに大別されます。

今月は、②2,5,8,11月に該当します。

スポンサーリンク

資産総額

2019年2月末の資産総額は、109,669.79ドルで約1200万円となっています。

新規入金は3928.3ドルとなっています。

評価損益は、約15万円のプラスです。

クラフトハインツKHCが、大幅なマイナスですがその他が大きくカバーしてくれています。

配当金を含めた総利益は、12,093.80ドルと昨年末からV字回復しています。

 

スポンサーリンク

2019年2月に配当支払いがある銘柄と配当金

毎月の配当金は変動します。高配当株であるBTIを追加購入したものが5月からの配当金受け取りになりますので、2月は例年と大きく変動はありません。

2019年2月に配当支払いがある銘柄

2019年2月の銘柄(資産評価額順)

  1. BTI (ブリティッシュアメリカンタバコ/個別株)
  2. T  (AT&T/個別株)
  3. PG  (プロクターギャンブル / 個別株)
  4. PFF  (iシェアーズ米国優先株式ETF / ETF)
BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ)

ブリティッシュアメリカンタバコ(BTI)は英国のタバコ会社です。200種以上のタバコを200か国を超える国で販売しています。

2016年までの業界順位はフィリップモリス(PM)に次いで2位でしたが、買収により1位になっています。

2017年8月にはFDA(米国食品医薬品局)によるニコチン含有量に関する規制、2018年にはメンソールタバコの規制などのネガティブニュースにより大きく下落しております。2018年末には、配当利回りが8%超えとなりました。

T (AT&T)

米通信大手のAT&Tですが、ここ数年の株価は下落基調です。メディア大手のタイム・ワーナーを巨額の費用854億ドル(日本円8兆8600億円)で買収しています。

単なる携帯電話会社から自社通信網を生かしたコンテンツ提供者に変貌しようとしています。AT&Tエンターテインメント&インターネットサービシズという事業部門を立ち上げており、退路を断って事業ポートフォリオを再構築しております。

ただ、コンテンツ部門が今勢いのあるネットフリックスやAmazonなどに押されコンテンツ利用者が思うように増えていません。

それが、株価の重石になっており、投資家の失望を買っている状況です。

 

PG (プロクターギャンブル)

主に「P&G」ブランド名で家庭用品、パーソナルケア用品、工業用製品の製造・販売に従事する。大型小売店などを通じ、ヘアケア・スキンケア用品、電気かみそり、歯ブラシ・歯磨き粉、衣料用洗剤・消臭剤、紙おむつなどベビー用品など幅広い製品を世界中で販売する米国の一般消費財メーカー大手です。

2019年5月の配当が増配されれば62年連続増配という安定感抜群の銘柄です。

緩やかではありますが、確実に株価は右肩上がりを示しています。

スポンサーリンク

2019.2月 配当金

2月の配当金は合計で267.70ドルとなりました。買い増しして株数も多くなっていますので1年前よりも増えています。

銘柄株価($)利回り(%)配当金($)
BTI37.257.1942.05
T31.066.56113.82
PG98.913.0143.85
PFF36.205.9925.77

最低でも各月にもらえる配当金が500ドルを超えると、2ヶ月で1000ドルとなり手数料をあまり気にしなくても買い増しができる様になります。

SBI証券のNISA口座では、ETF購入に限り手数料が完全無料。マネックス証券もNISA口座に限り実質無料となっています。

また、手数料のお話は別の機会にお話できればと思います。

スポンサーリンク

最後に

配当金は、手軽にそして確実に味わうことができる不労所得です。お金に働いて貰えることもまた実感できます。

デイトレードのように神経をすり減らすことも無いように、大型の長優良銘柄に投資をしていけば、高い確率で資産を築くことができます。

そして、豊かな生活、豊かな日々、豊かな老後を過ごせるようにこれからも配当再投資をしていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました