カープは丸を残留させる事が出来なかったのか?

カープ
スポンサーリンク

今さながら、カープが丸を残留させる事が出来なかったのか考えてみた。

この手の話は好き嫌いがあるので嫌な方はスルーしてください。
スポンサーリンク

カープは丸を残留させる事が出来なかったのか?

 

巨人にFA移籍して、順調に調整している丸。

 

カープの3連覇にMVP級の活躍で貢献してくれた丸。

 

そんな丸が抜けて、カープファンの失望は大きかったが、長野が人的補償として加入してショックも和らいだと思う。

 

ただ、シーズンが始まると丸の活躍を否が応でも目にする機会が増えると思う。

 

なんせMVPを2年連続で獲得しているのだから。

 

さて、本題に入る。カープは丸を残留させる事が出来なかったのかである。カープの成り立ちから探りたい

 

カープ球団の成立ち

1949年の戦後復興の中でスポンサーなしで設立されました。他球団は親会社がバックについていましたが、カープは市民と地元企業の出資で作られました。選手への給料支払いも遅延が続き、東京への遠征も新聞紙を引いた上に雑魚寝という状況だったそうです。

 

1950年には赤字でホエールズとの合併話が持ち上がりますが「たる募金」という有志の募金で首の皮一枚繋がった状況で助かります。

 

この頃の印象が長きにわたり報道されてカープは貧乏球団としてのレッテルが貼られている。

カープの選手総年俸

 
お金持ちかそうではないか、プロ野球では明確に年俸で線引きされている。チーム別の総年俸を見てみると、2018年のチーム全体の年俸は12球団中6位の20億9348万円。特別低くもないのではないでしょうか。

 

ソフトバンクが50億近くある。巨人は40億なのでカープは巨人の半額だと思うと、3連覇しながらこの年俸はたしかに安いと言わざる得ない。

近年のカープ経営

お金がないイメージだが、近年は3連覇を果たしグッズ売り上げでは球界一のカープ、観客も100万人割れからマツダスタジアムの完成と黒田の復帰、3連覇と人気も全国区になり報道では好調と言われている。
 

株式会社広島東洋カープの第62期決算公告では利益がかなり出ているように思えます。2017年のデータでは

売上高:188億685万円
当期純利益:12億9,705万円
利益剰余金:73億7,100万円

 
2017年は12億もの利益が出ている。そして、球団創設以来73億もの利益余剰金が球団の金庫には入っている。
 
マエケンのポスティングで20億のお金が一時的に入っているが、一部を広島市、日南などに寄付している。

親会社がないカープ

 

利益を上げているが、カープは親会社がいない。例えば、ストライキが起こって試合が開催されないと入場料や放映権料など収入が入ってこない。
 
そうなると補填してくれる親会社がいないので球団は自分で損失を埋めないといけない。
 
そうなるとある程度の利益余剰金は蓄えておく必要がある。
 
オーナーの松田元は「親会社がないカープが赤字を5年出しても潰れない金額として、絶対に残すべきお金」と発言していて20億円は利益余剰金として必要と考えている。

 

まぁ、今の時代ならカープを買いたい企業なんてたくさんいるだろうから、赤字になって存続の危機になってもカープは存続できると思う。

 

お金を出さない松田家がオーナーに居座っている現状はどうなのかなと個人的には思うが、現在までのカープを支えている経緯も考えるとこれからも頑張ってもらいたい。(楽天の三木谷さんみたいにお金も出してくれよ)

 

70億の利益余剰金から20億を引いた50億は補強に回せる考えとなる。

丸の引き留め資金

 
さて、本題の丸の引き留めだが、カープは4年17億を提示している。ちなみに、新井や黒田の時は4年10億を提示している。 
 
そう考えると、今回の丸の提示は破格である。
 
巨人は、公には5年25億と言われているが、個人的には5年30億は提示していると思っている。表向きは、菅野、坂本などとの年俸バランスを考えて5年25億と公表していると妄想している。ここは、あくまで妄想ですから。
 

 

広島の地元の中国新聞では、丸のFA宣言の時の話として、代理人には広島残留を第一として考えていると伝えていたみたいです。

 

巨人の高橋元監督も3連覇のチームを移籍するのはなんでとインタビューで質問していたが、私も3連覇のチームを離れるのがよくわからない。

 

ただ、カープが提示した条件が丸の希望とは開きがあって丸も条件面がなんとかならないかと交渉したが、カープはそういう交渉は一切しない方針であったので、一発目の提示で最後までカープは交渉していた。

 

この頑な姿勢が丸の流出につながったと思う。

 

カープとしても、今後控えるFAラッシュに対応する上で、条件の引き上げは総年俸の上昇で経営が苦しくなる。また、今は優勝していてクライマックスやグッズなど特別な収入があるがそれも優勝出来なれば一気に経営が圧迫される恐れがあり、カープも総年俸をあとどれくらい余裕を持ってあげられるかという問題もあるかもしれない。

 

カープが潤っているのは確かだが、親会社なしの経営でマツダスタジアムという恩恵があるがここらへんが限界かもしれない。

 

今後のさらなるFA流出もカープファンは覚悟しておく必要がある。

丸のFAに想う

 

丸がFA宣言して、家族が東京に引っ越していたとか、もみじ銀行とのCM契約を断ったとかはデマです。

 

少なくとも残留を考えていたことは確かですが、宣言の時にヤフコメにありましたが、残留を視野に入れてFA宣言した人で残留したのはいないそうで、結果は流出してしまいました。

 

今回の丸のFA宣言で、是が非でも残留させようと思えば、出来たと思いますが、その後の経営が難しくなると思われます。

 

やはりカープは育成をしっかりしていかなければならない球団のようです。

 

そして、丸がマツダスタジアムにいきなり現れますが私は汚いヤジはやめてもらいたいです。例え、お金で移籍していてもそれは選手として当然の権利ですし、広島県民がカープが身近にあり当然のように応援していた存在が丸にとっては巨人だったのですから。

 

カープファンは、カープ選手を応援して憎き原巨人を倒しましょう❗️

と締めくくりたかったが、今回ふと思い出したのが金本のFAの件でした。

当時、貧困で弱小球団だったカープの4番打者の金本がFAを取得しました。

連日、当時の山本監督と話し合いをしたり球団も最大限の慰留を続けていました。

金本がこだわったのはお金ではなく、FAを宣言して残留という野球選手として当たり前の事でした。

だが、カープ球団は佐々岡、野村、緒方、前田の時にFA宣言せずに残留させてきたので金本だけ特別にFA宣言を認めて残留という扱いは出来ないと頑なに宣言残留を拒んだ。

金本は再契約金は100万円で年俸はダウン提示でも構わないとあくまでもFA宣言をしての残留を求めましたが、それもカープ球団は拒否。

カープファンはこの経緯を知っているので、金本が市民球場に凱旋したときも野次などはほとんどとびませんでした。

結局、金本はFA宣言して阪神で大活躍をして現役を終えています。

カープ球団の交渉は選手にとってはつらい選択をさせていると思う。

丸も条件のアップを要求したが、カープ球団は初回提示を見直さなかった。

見直して丸が残留したかどうか分からないが、優勝してMVPを2年連続で取った実績もあるわけですからもっと最大限の交渉ができなかったのかなと疑問です。

金銭的に余裕もあるわけですし、今後のFAが控えている田中、菊池、安部、野村たちに満足のいく提示が出来なくても、丸には限界ぎりぎりの提示をして欲しかったです。

今回の丸とカープの交渉が金本のFAのときと重なりました。

丸は40歳までは活躍しそうな予感がします。

 

 

カープ
スポンサーリンク
鯉太郎をフォローする
鯉太郎の滝登り

コメント

タイトルとURLをコピーしました