【ABBV】アッヴィが四半期あたり0.11ドル(10.3%)の増配発表!これぞ連続増配株の魅力

米国株投資
スポンサーリンク

鯉太郎です。

11月1日、アッヴィ(ABBV)が四半期当たり1.07ドルから1.18ドルへと0.11ドルの増配を発表しました。

増配率は驚異の10.3%となっています。

AbbVie Inc. (ABBV) on Friday said its board raised the quarterly dividend by 10.3% to $1.18 from $1.07.
The new payout, equal to $4.72 a year, represents an annual yield of about 5.93% based on Thursday’s closing price of $79.55, up from 5.38%.
The North Chicago, Ill., biopharmaceutical company said the increased dividend is payable Feb. 14 to shareholders of record Jan. 15.

ABBV 配当情報

2020年2月14日支払いの配当から実施されます。権利落ち日は1月14日となっています。

これによりABBVの年間配当金は4.72ドルとなりました。

鯉太郎は、ABBVを103株保有していますので、年間配当が税引き前で440.84ドルから486.16ドルへと約45ドル程度増えました。四半期配当では10ドルの増加になります。

たかだが10ドルですから、日本円で1000円程度ですけど、ただ単に株を保有しているだけで、買い増しもしていないのに10ドル増えました。

これぞ連続増配株の魅力ですよね。

定期でお金が振り込まれるだけでなく、その額も少しずつ増やしてくれる!

最高かよ!!!

株価も増配を好感して上昇しいます。

懸念材料のヒミュラの売上は米国内では上昇し、米国外では後発薬に追い上げられている状況は変わりません。

その他のヒミュラ以外の柱が順調に成長しているので、株価も上昇しているようです。

アラガン買収で大幅下落していた株価も上がってきていますが、定期で買い付けをしてきたいと思っています。

 

 

米国株投資資産運用
スポンサーリンク
鯉太郎をフォローする
鯉太郎の配当再投資で億り人

コメント

タイトルとURLをコピーしました